DEVELOPMENT

≪Z900RS/CAFE専用 シャフトホルダーの開発≫

記事 ≪Z900RS/CAFE専用 シャフトホルダーの開発≫のアイキャッチ画像

年の瀬も迫って参りました12月、新たな商品開発に着手致しました。

まもなく発売の「スプロケットカバー」にも搭載されている機能のひとつ

 

「シフトロッドのぐらつきを抑え、より確実なシフトチェンジを行えるようにする」

 

に特化したパーツです。Z900RSに乗っていると分かるのですが、シフトチェンジの際シャフトロッドは僅かながら「上下」に振れる傾向があります。目的の一つは、この動きを抑える事です。

 

次に、シフトアップ/ダウンに伴う前後の回転運動をよりスムーズかつ確実なものにするため、シャフトとの接続部分にはニードルベアリングを採用します。

 

この2つの機能を搭載することで、「シフトロッドのぐらつきを抑え、より確実なシフトチェンジを行えるようにする」を実現できます。

という事で、まずは図面を製作しました。

中央の大きな穴の中にニードルベアリングが組み込まれます。

 

次に、一旦完成した図面をもとに、ニードルベアリングに見立てた部分も含め3Dプリンターでサンプルを出力。想定した場所に想定通り取り付けが可能かどうかをテストします。

*実際の取り付け時は左右のボルトも外し、上から押さえつけるようになります。

 

 

基本形状は問題なく、次は素材を製品と同じA2017(ジュラルミン)にて取り付け・作動実験を行います。

微調整はありますが、大幅な仕様変更等が無ければ2021年2月下旬の発売予定。次は製品版の到着時に、テスト結果をお伝えできればと思います。